iPhone LIFE

iPhone LIFEは、iPhoneを中心としたガジェット関連の情報をお届けする個人ブログです。iPhoneの魅力やオススメの使い方などを紹介しています。

iPhone LIFE

iPhoneにアプリ「ショートカット」を追加する

f:id:chocoIate:20190219011326j:plain

みなさんは、iPhoneの操作を自動化させるApple純正アプリ「ショートカット」をご存知でしょうか? 今回は、アプリ「ショートカット」の魅力についてご紹介します。

 

 iOS12から利用できるアプリ「ショートカット」ですが、標準ではインストールされていないため、まずは、「App Store」から無料ダウンロードする必要があります。

 

ショートカット
ショートカット
開発元:Apple 
無料 
posted withアプリーチ

iPhone操作を自動化させるアプリ「ショートカット」とは

・iOS12と共同開発された自動化アプリで、最新版は2.1.3になります(旧Workflow)。
・アプリの複数の操作をボタンひとつにまとめて実行できるようになる。
・自分オリジナルのショートカットを作ることができます。また、アプリ内のギャラリーからも簡単にショートカットのレシピを導入することができます。
 

ギャラリーからショートカットを追加してみる

身近で使えそうなショートカットについては、アプリ内のギャラーにあらかじめ用意されていますので、お好みのショートカットのレシピをタップするだけで導入することができます。

 

1.ショートカットを使ってみる

まずは、あらかじめ用意さているレシピを選んでみます。

f:id:chocoIate:20190218233702p:image  f:id:chocoIate:20190218233711p:image

 

2.ギャラリーのレシピを導入してみる

ギャラリーから、レシピを探してみます。

f:id:chocoIate:20190218233730p:image  f:id:chocoIate:20190218233743p:image

 

3.試しに「位置情報を共有」のレシピを選んでみた。

このレシピを使うと、取得した位置情報をメッセージアプリを使って、お知らせしたい相手に送信することができるようになります。

連携アプリは、位置情報、マップ、メッセージ、連絡先となっています。

f:id:chocoIate:20190218233805p:image  f:id:chocoIate:20190218233910p:image 

 

4.ライブラリに「位置情報を共有」が追加される。

このレシピを使いたいときは、ライブラリ内のボタンをタップするだけでショートカットが実行されます。お知らせしたい相手を、連絡先から選ぶことになります。

f:id:chocoIate:20190218233920p:image

  

オリジナルのショートカットを作ってみる!

アプリ「ショートカット」では、簡単な操作で、オリジナルのレシピを作ることができます。今回は、Wi-Fiの通信のオフ・オンのレシピを作ってみたいと思います。

iPhoneのWi-Fiについては、iOS11から仕様が変更され、コントロールセンターでWi-Fiオフにしたと思っても、一時解除にしかならず、未接続状態となります。この状態だとiPhoneの場所を移動させたり、時間が経過するとWi-Fiが自動でオンになったりするため、バッテリーも消費してしまいます。そのため、Wi-Fiを完全にオフにするには、設定画面から変更するしかありませんでした。

iOS12でアプリ「ショートカット」を使えば、Wi-Fiを完全にオフにするレシピがつくれます。

 

1.オリジナルのショートカットを作成してみる

ライブラリ内の「ショートカットを作成」をタップします。

検索から「Wi-Fiを設定」をさがします。検索ワードを入力している途中で候補が下に出てくると思います。

f:id:chocoIate:20190218234023p:image  f:id:chocoIate:20190218234039p:image

 

2.Wi-Fiの設定をオフにするレシピ

まずは、「Wi-Fiを設定」でオフにします。

次にスイッチボタンをタップし、設定をカスタマイズします。名前は「Wi-Fiをオフ」にしてみました。

アイコンをタップすると、好みのアイコンを選ぶ事ができます。ウィジェットへ登録する場合は、ここでアイコンを設定しておいた方が視認性がよくなる思います。

f:id:chocoIate:20190218234101p:image  f:id:chocoIate:20190218234128p:image

 

3.ライブラリにレシピが追加される

ライブラリにオリジナルレシピ「Wi-Fiをオフ」が追加されました。

次に、「Wi-Fiをオン」のレシピも作ってみました。

f:id:chocoIate:20190218234138p:image  f:id:chocoIate:20190218234154p:image

 

4.ウィジェットにショートカットを登録する

ショートカットのレシピは、ウィジェットに登録する事ができます。ウィジェットを一番したまでスクロールさせ、「編集」をタップします。 次に、アプリの候補から「ショートカット」のf:id:chocoIate:20190216221148p:plainをタップします。

f:id:chocoIate:20190218234206p:image  f:id:chocoIate:20190219004444p:plain

 

 5.ウィジェットに登録したショートカットを使ってみる

ショートカットを登録すると、ウィジェットに次のようにレシピのボタンが表示されます。Wi-Fiをオフ・オンしたい場合は、このボタンをタップすることで、一発で切り替えることができます。

f:id:chocoIate:20190218234211p:image  f:id:chocoIate:20190218234224p:image

 

6.Wi-Fiを完全にオフにできる

Wi-Fiを完全オフにすると、このような表示になります。「設定」からWi-Fiのオフ・オンをする必要がなくなり、まさしくショートカットできます。

f:id:chocoIate:20190218234228p:image

 

まとめ

 iOS12では、アプリ「ショートカット」を使って、複雑な操作を簡単に自動化させる事ができます。

・アプリの複数の操作をボタンひとつにまとめて実行できるようになる。
・自分オリジナルのショートカットを作ることができる。
・ギャラリーから簡単にレシピを導入することができる。
 

それでは、楽しいiPhoneライフを♪